少年ジャンプ作品紹介

少年ジャンププラスの『サマータイムレンダ』が面白い!ネタバレ考察したくなる一押しホラーミステリー漫画!

✅ 2019年5月15日:単行本の発売情報を更新しました。
✅ 2019年3月5日:田中靖規先生へのインタビュー記事の紹介を追加しました。
✅ 2019年2月7日:単行本5巻の発売に関して更新しました。

こんにちは、週刊少年ジャンプ定期購読ゆーじん(@yuzunosoukutsu)です🍊

『少年ジャンププラス』で絶賛連載中の『サマータイムレンダ』をご存知ですか?
少年ジャンププラスの中でも長期連載をしている今人気急上昇中の田中 靖規先生の漫画です。
この『サマータイムレンダ』という漫画、2019年2月4日に単行本の最新刊5巻が発売されました❗
それを記念して現在『少年ジャンププラス』では単行本1巻分を無料開放するキャンペーンが行われています。

でも読む前に『サマータイムレンダ』ってどんな漫画って気になりますよね?
しかしちょっと下調べしようにもこの『サマータイムレンダ』、Wikipediaがない😅
そこで今回はこの『サマータイムレンダ』のあらすじや登場人物、みんなの感想や評価などの基本情報をご紹介します。
それ以外にも『サマータイムレンダ』が面白いと言われる見どころや作品の舞台のモデルなどについても考察、ご紹介します🎶

※ネタバレを含みますのでご注意ください。

この記事はこんな人にオススメです

少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』のあらすじが気になる方
少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』の登場人物が気になる方
少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』のみんなの感想や評価が気になる方
少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』の見どころが気になる方
少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』の舞台が気になる方

アイキャッチ画像出典:少年ジャンププラス「サマータイムレンダ』

面白いと話題の『サマータイムレンダ』ってどんな漫画?

それではまず『サマータイムレンダ』とはどのような漫画なのでしょうか?

無料漫画アプリ『少年ジャンププラス』で連載中!

サマータイムレンダ2巻表紙
出典:https://www.amazon.co.jp/

『サマータイムレンダ』は現在『少年ジャンププラス』で連載中の漫画です
タイムリープの要素が折り込まれた漫画で、ジャンルはミステリーホラーサスペンスなどに分類されます。
2017年10月23日から連載を開始して今もまだ連載を続けています。
更新は毎週月曜日に更新で、たまに設定資料や描き下ろし1枚絵の公開などが入ります。
キャンペーン期間外は基本的に冒頭の3話と最新3話を無料で読む事が可能です。

現在は単行本5巻の発売をを記念して現在『少年ジャンププラス』では単行本1巻分を無料開放するキャンペーンが行われています(※2019年3月4日まで)
『少年ジャンププラス』はWeb版もありますので、アプリをダウンロードされていない方はWeb版もオススメです🎶

👉『サマータイムレンダ』が無料で読める『少年ジャンププラス』Web版はこちら

👇『サマータイムレンダ』が無料で読める無料漫画アプリ『少年ジャンププラス』はこちら

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ

少年ジャンプ+ 人気漫画が読める雑誌アプリ
開発元:SHUEISHA Inc.
無料
posted withアプリーチ

『サマータイムレンダ』作者は田中 靖規先生!

サマータイムレンダ3巻表紙
出典:https://www.amazon.co.jp/

『サマータイムレンダ』の作者、田中 靖規先生は2003年から活動をしている漫画家です。
『週刊少年ジャンプ』本誌では2007年25号-40号の間『瞳の中野カトブレパス』で初連載を飾り、
2009年33号-50号の間に『鍵人 -カギジン-』という作品を連載しています。
その後『最強ジャンプ』や『Vジャンプ』での連載などを経て、現在『サマータイムレンダ』を『少年ジャンププラス』で連載しています

大学卒業後の連載『瞳の中のカトブレパス』が始まるまでは、
ジョジョシリーズで有名な荒木飛呂彦先生のスタジオでアシスタントを務めていました。

『サマータイムレンダ』単行本は6巻まで発売中!

サマータイムレンダ4巻表紙
出典:https://www.amazon.co.jp/

『サマータイムレンダ』の単行本は現在6巻が最新刊。
この5巻は2019年2月4日に発売になり、それを記念してそれを記念して現在『少年ジャンププラス』では単行本1巻分を無料開放するキャンペーンが行われています(※2019年3月4日まで)
1巻1巻発売されるたびに謎が謎を呼び読者は大変な思いをしています(笑)

現在単行本が6巻まで発売されていますが、この雑ブログゆずのそうくつでは今更ながら単行本を1冊ずつ詳しく解説する記事を紹介しています。
対象巻数以上のネタバレを含まない状態で、あらすじ、登場人物紹介、その巻時点での考察など詳しくご紹介していますので、
忙しくて漫画に手が出せない!なんて方は是非どうぞご一読ください。
時系列表や人物相関図も完備しています。

👇忙しい方のための『サマータイムレンダ』単行本紹介はこちら

【ネタバレ紹介&考察】少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』単行本1巻を徹底紹介!無料漫画アプリ『少年ジャンププラス』で連載中の『サマータイムレンダ』。考察しどころ満載で今面白いと話題なのにWikipediaのないこの『サマータイムレンダ』の単行本1巻の内容をネタバレてんこ盛りでご紹介!詳しいあらすじや登場人物、相関図、できごと時系列、みんなの感想、単行本1巻から考察される内容などをまとめています。...
【ネタバレ紹介&考察】少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』単行本2巻を徹底紹介!無料漫画アプリ『少年ジャンププラス』で連載中の『サマータイムレンダ』。考察しどころ満載で今面白いと話題なのにWikipediaのないこの『サマータイムレンダ』の単行本2巻までの内容をネタバレてんこ盛りでご紹介!詳しいあらすじや登場人物、相関図、できごと時系列、みんなの感想、単行本2巻までで考察できる内容などをまとめています。...

田中靖規先生へのインタビュー記事ご紹介(2019年3月5日)

2月4日に『コミスペ!』さんから『サマータイムレンダ』の作者、田中靖規先生へのインタビュー記事が公開されました。

こちらの記事では作者、田中靖規先生に『サマータイムレンダ』について根掘り葉掘りといろんなことをインタビューされています。
『サマータイムレンダ』というタイトルの意味、どうやってこの漫画が生まれたのかという作品自体の内容に加えて、
ループはあと何回繰り返す?最後はどう終わるの?など物語の核心につく内容まで様々です。
ちなみに人気キャラクター澪のモデルについても語られています。
※単行本5巻まで読んでから読むの推奨記事です。

このブログではその記事を読んだ管理人のネタバレ感想記事も掲載しています。

👇『サマータイムレンダ』作者インタビュー記事を読んだネタバレ感想記事はこちら

【ネタバレ感想】『サマータイムレンダ 』田中靖規先生のインタビュー記事について!『コミスペ!』ので公開されている『サマータイムレンダ』作者の田中靖規先生へのインタビュー記事はもうお読みになりましたか?田中靖規先生の『サマータイムレンダ』へのこだわりや熱い思い、さらには考察が盛り上がるあんなことやこんなことまでの大ボリュームのインタビュー記事。今回はそちらの記事の感想をご紹介します。...

👇『サマータイムレンダ』の単行本はこちら

面白いと評価が高い『サマータイムレンダ』の気になるあらすじは?

第1話カラーページ
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

それでは『サマータイムレンダ』のあらすじを見ていきます。
主に第1話の内容を中心にまとめていますが、第1話目が約70ページあるので実質3話分ぐらいのボリュームになっています。
※ネタバレを含みますのでご注意ください。

帰省理由は葬儀参列

慎平帰省
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

『サマータイムレンダ』本作の主人公である慎平は、
幼馴染の潮が亡くなったという知らせを受けて2年ぶりに実家のある『日都ヶ島』に帰省していた。
潮は慎平とは幼馴染で、共に幼少期から過ごしていた家族でもあった。
そんな慎平は帰省中の船の上で不思議な夢を見る。

幼馴染の死と不思議な夢。それが物語の始まりだった。

潮は殺された!?

潮の葬儀
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

幼馴染の潮は、澪や友達と海で遊んでいる途中、
溺れた少女を救おうとして帰らぬ人となってしまった
それはとても潮らしいと言えば潮らしいことで、
助けられなかった慎平の友人の窓(ソウ)は大泣きして慎平に誤った。

その晩窓は慎平に電話をした。
それは昼間に伝えられなかった事実を伝えるためだった。
亡くなった潮の首には吉川線──首を締められたような跡があったというのだ。
潮は溺れて死んだはずなのに、首を絞められた跡があるだなんて到底理解しがたい内容だった。

小早川家の失踪、影の存在

小早川家失踪
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

翌日昼頃レストランに現れた島で唯一の警察官・凸村哲(トツムラ テツ)がランチを食べにやってきた。
いつもならモーニングも食べに来るのにと、澪が来なかった理由を尋ねると、
コバマートというお店を経営している小早川一家が失踪したと告げられた。
澪はそれを聞くと店番をほっぽりだして小早川家に向かった。

慎平はランチタイムが落ち着いてから澪を追いかけた。
するとコバマートの前に座り込んでいる澪がいた。
小早川家の長女しおりは先日潮が海で助けた少女だった。
助けられた日から口を利かなくなったしおりを澪は心配していると、慎平はそう思った。

影という病
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

だが澪の心配は別の部分にも及んでいた。
実は海で一緒に遊ぶ前からしおりの様子がおかしかったというのだ。
山で虫取りをしている時に自分にそっくりの女の子を見たと言っていたのだ。
その後登下校中なども誰かにジッと見られているような気がすると言っていたというのだ。

するとそこに通りがかったガタイのいい老人がそれは””だと言った。
『日都ヶ島』に伝わる風土病で、影の病にかかった人は自分とそっくりな自分を見るようになる。
そして最終的にはその影に殺されてしまうのだという。

ヒルコ様へ

潮の影!?
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

迷信かなにかだろうと慎平は澪に言ったが、澪はそうは思わなかった。
澪は潮が亡くなる3日前に潮の影を見たと慎平に打ち明けた。
そこで慎平は先程の老人が言っていたヒルコ様に行こうと提案した。
その老人曰く、影の病にかかった人はヒルコ様でお祓いをしてもらったのだという。

ヒルコ様は『日都ヶ島』の北部に建つ『日都神社』の愛称。
慎平は澪を連れて宮司の雁切真砂人(カリキリ マサヒト)に話を聞きに行った。
しかし雁切は留守で、拝殿のほうへ行こうとした時、
澪は草陰にしおりにソックリな子がいるのを見つけた。

澪が澪がっ!?
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

澪と慎平はそのしおりと思われる子を追いかけた。
しかしそこには血まみれのメガネをかけた女性がいた。
その女性は慎平が島に帰ってくる時に乗っていた船に同乗していた女性だった。
何かを知っていそうなその女性が慎平に何かを言おうとしたその時。
女性は頭を撃たれて息絶えてしまった。

銃声のしたほうを慎平が見ると、そこには制服姿の澪が、
慎平と一緒に来た澪のコメカミに銃を突きつけていた。
そして慎平と澪もその銃を持った澪に撃たれて死んでしまう

はずだった。

7月22日に戻った?
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

しかし慎平は気がつくと、島に帰省した日の港に戻っていたのだ。
そこから慎平の終わらない物語が始まる。

果たして影とは何なのか?

いったいこの島に何が起こっているのか?

一夏の惨劇系タイムリープ物語はこうして静香に始まるのだった。

面白さを引き立てる『サマータイムレンダ』主な登場人物!

ニコニコ性がコラボ告知画像
出典:http://seiga.nicovideo.jp/

それでは『サマータイムレンダ』の登場人物をご紹介します。

慎平

登場人物:慎平
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

『サマータイムレンダ』の主人公、慎平
実の両親は10年前に亡くなっており、その後小舟家に引き取られた。
潮とは幼馴染であり家族だった。
中学の卒業を機に島を出て東京の学校に通っているが、潮の葬儀のために島に帰省した。

何でも”フカン”して冷静に物事を見ることができる、年のわりに落ち着いた少年。
何故か左右で目の色が違う

小舟 澪(こふね みお)

登場人物:小舟 澪
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

色黒で元気で優しい女の子。潮の妹
実家がレストランをしており、学校の休みの日は店の手伝いをしている。
姉の潮が亡くなった後も元気に振る舞う健気な面もある。

小舟 潮(こふね うしお)

登場人物:小舟 潮
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

この物語の鍵を握る少女、潮。澪の姉で慎平の幼馴染。
天真爛漫で明るく、誰からも愛されるような女の子だったが、
海で溺れた女の子を助けようとして亡くなった。

👇『サマータイムレンダ』の単行本はこちら

『サマータイムレンダ』のここが面白い!見どころをご紹介!

面白いと話題になっている『サマータイムレンダ』。
ここではその見どころを3つご紹介します。

圧倒的な画力から繰り出されるホラーミステリー

慎平、逃げろ!!
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

田中 靖規先生の今まで作品はファンタジー要素は強いものが多く、
ホラーやミステリー要素はあまりありませんでした。
そのため読者の間でも田中 靖規先生のホラーってどうなんだろう?という声が多々ありました。

背筋が凍る描写
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

しかしフタを開けてみればそんな心配は杞憂で、思わずぞわりとしてしまうような描写が続きます。
Twitterでは”夜中に読むべきじゃなかった”や”普通に怖い”といった感想が多々見受けられます。
ちなみに私も0時にすぐに少年ジャンププラス読みに行って後悔したことがあります

物語の鍵を握る影の存在とは?

影の存在
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

『サマータイムレンダ』を語る上で外せないのが”影”の存在
その存在は島でも知っている人はわずかで、昔は影の病にかかった人はヒルコ様にお祓いをしてもらっていたとか。

影はオリジナルを殺して生活に溶け込み数を増やしていっています。
オリジナルか影かを見分ける方法は慎平にもわかりません。
どうやって生まれてくるのか、そもそも何なのか、など多くの謎に包まれてた存在です。

ストーリーの見どころ!慎平のタイムリープの能力とは?

何故タイムリープをするのか?
出典:少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』

この作品は所謂タイムリープものです。
主人公の慎平が死ぬ度に何度も時間を繰り返して行き、最悪の自体を避け、時間の円環を抜け出すためにあがき続けます。
タイムリープものとしては王道なストーリーでしょう。

しかしこちらも連載が1年以上経った今も何故慎平がタイムリープを使えるのかは謎のまま。
わかっているのは死ぬ度に7月22日に戻るということと
永遠に使えるようなものではないこと、ヒルコ様に何かしら関係があること。
しかも慎平のオッドアイにも関係があるような?

10年目に慎平の両親が亡くなった時に何かあったのではないかと考察する方もいますが、
今も謎が多い話の根幹になっています。

『サマータイムレンダ』のモデルを考察!

『サマータイムレンダ』は和歌山県の沖合に浮かぶ離島が舞台です。
この作品に登場する『日都ヶ島』や『ヒルコ様』は実在するものなのでしょうか?
それともモデルとなる舞台があるのでしょうか?そのあたりを考察します!

『サマータイムレンダ』の舞台、日都ヶ島は実在する?

日都ヶ島
出典:サマータイムレンダ

『サマータイムレンダ』の舞台である『日都ヶ島』(ヒトガジマ)は和歌山県の離島です。
かなり小規模な島のようですが、この『日都ヶ島』は残念ながら実在はしいていません

『日都ヶ島』のモデルとなった島は、和歌山県和歌山市にある離島、『友ヶ島』をモデルとしています。
わかやま観光協会のホームページでも一押しの観光スポットのようです。

作品の舞台「日都ヶ島」は、和歌山県和歌山市にある離島-友ヶ島をモデルとしているよ。
友ヶ島は、地ノ島、虎島、神島、沖ノ島の総称名で、
沖ノ島には要塞時代を偲ばせる砲台跡が点在していてフォトスポットがいっぱい☆いま人気上昇中の観光スポットです!!

出典:わかやま観光協会ホームページ

島の地図も瓜二つ。

日都ヶ島 友ヶ島
出典:http://saisin.link/

『サマータイムレンダ』の中の『日都ヶ島』は人が住んでいますが、この『友ヶ島』は無人島です。
この『友ヶ島』という島がモデルだということは作者自身も単行本1巻の巻末で明かしており、遠足に行ったことがあるのだとか。
『友ヶ島』に人が住んでいたらどんなかんじだろうと思いながら描いているとのことです。

余談ですが、この『友ヶ島』あのスタジオジブリの名作『天空の城ラピュタ』の雰囲気を味わえることでも有名だそうです。
瀬戸内海国立公園に指定されていて、ものすごい数の観光客で賑わっているとのこと。
いろんな漫画やアニメの聖地として注目の観光スポットです。

「第3砲台跡」の弾薬支庫
出典:旅ぐるたび『神秘の無人島・友ヶ島で思わず「バルス」!ジブリの世界がここにもあった!

『サマータイムレンダ』の『ヒルコ様』とは?

『サマータイムレンダ』に登場する『ヒルコ様』、こちらも実はオリジナルではありません。
しかし日本神話にお詳しい方は聞いたことがあると思います。

ヒルコ様を流すイザナギとイザナミ
出典:https://blog.goo.ne.jp/

『古事記』において国産みの際、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神。
しかし、子作りの際に女神であるイザナミから先に男神のイザナギに声をかけた事が原因で
不具の子に生まれたため、葦の舟に入れられオノゴロ島から流されてしまう。

Wikipediaより引用

余談ですがこのへんの単語を聞くと天外魔境を思い出します(笑)

ヒルコは漢字では『蛭子』と書き、これは”エビス”とも読みます。
ですので、蛭子=恵比寿と2神は同一視する説が多いですが、これは室町時代から起こったわりと新しい説だそうです。

恵比寿様
出典:https://ameblo.jp/

なので恵比寿様を祀っている神社全てに蛭子=恵比寿という考えがあるわけではなく、むしろ少ない派閥のようです。
ですので作中に登場するヒルコ様が今で言う恵比寿様と同じかととそれは不明です。
恵比寿という愛称ではなく、ヒルコという愛称で呼ばれていることから考えると、
どちらかというと、ヒルコは日る子(太陽の子)であり、
尊い「日の御子」という明るい意味合いでの親しみなのかもしれません

『サマータイムレンダ』のみんなの感想や評価をご紹介!

『サマータイムレンダ』はなかなかTwitterでも盛り上がりを見せています。
ここではTwitterからいくつか感想や評価をご紹介します。


単行本の5巻も発売中!
続きを早速に買いに行かれたかな?


月曜日は『サマータイムレンダ』に『地獄楽』と面白い漫画が目白押しなのです。


和歌山県の観光協会も聖地巡礼推していますので心置きなくいけますね!

考察したくなる面白い漫画『サマータイムレンダ』についてまとめ

『サマータイムレンダ』単行本5巻表紙
出典:https://www.amazon.co.jp/

いかがでしたか?
今回は少年ジャンププラスで連載中の『サマータイムレンダ』についてご紹介しました。
今本誌(アプリ)でも熱い展開を見せているこの漫画は今後も目が離せない注目の漫画です。
単行本は現在5巻まで発売中。まだ、まだ間に合います❗大人買いしましょう✨
中途半端に買い揃えると続きが気になって眠れなくなりますよ(笑)
これを機に興味を持たれた方は全巻購入、一気読みしてください🎶

ゆーじん
ゆーじん
ここまでお読みいただいてありがとうございました😊

👇『サマータイムレンダ』に関する記事はこちら

【ネタバレ紹介&考察】少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』単行本1巻を徹底紹介!無料漫画アプリ『少年ジャンププラス』で連載中の『サマータイムレンダ』。考察しどころ満載で今面白いと話題なのにWikipediaのないこの『サマータイムレンダ』の単行本1巻の内容をネタバレてんこ盛りでご紹介!詳しいあらすじや登場人物、相関図、できごと時系列、みんなの感想、単行本1巻から考察される内容などをまとめています。...
【ネタバレ紹介&考察】少年ジャンププラス『サマータイムレンダ』単行本2巻を徹底紹介!無料漫画アプリ『少年ジャンププラス』で連載中の『サマータイムレンダ』。考察しどころ満載で今面白いと話題なのにWikipediaのないこの『サマータイムレンダ』の単行本2巻までの内容をネタバレてんこ盛りでご紹介!詳しいあらすじや登場人物、相関図、できごと時系列、みんなの感想、単行本2巻までで考察できる内容などをまとめています。...
【ネタバレ感想】『サマータイムレンダ 』田中靖規先生のインタビュー記事について!『コミスペ!』ので公開されている『サマータイムレンダ』作者の田中靖規先生へのインタビュー記事はもうお読みになりましたか?田中靖規先生の『サマータイムレンダ』へのこだわりや熱い思い、さらには考察が盛り上がるあんなことやこんなことまでの大ボリュームのインタビュー記事。今回はそちらの記事の感想をご紹介します。...

👇『サマータイムレンダ』の単行本はこちら