少年ジャンプ作品紹介

無料漫画アプリ『少年ジャンプ+』で読める!『終極エンゲージ』のあらすじやレビューをご紹介

出典:少年ジャンプ+

『少年ジャンプ+』で連載していた『終極エンゲージ』
連載が終了してから半年以上経った作品ですが、1話目と2話目は常に無料公開されています。
この度期間限定で合計380ページ以上が無料開放されます!
今回は『終極エンゲージ』のあらすじや感想をまとめてご紹介します。
ネタバレを含みますのでこれからお読みになる予定の方はご注意ください。

【少年ジャンプ+】終極エンゲージってどんな漫画?

終極エンゲージ 第1話 見開きカラーページ
出典:終極エンゲージ

では今回380ページ以上が無料開放された『終極エンゲージ』はどのような漫画なのでしょうか?
ここでは連載についてやコミックスについて簡単にご紹介します。

連載は少年ジャンプ+

終極エンゲージ第1巻
出典:https://www.amazon.co.jp

『終極エンゲージ』は集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』で連載していた
サイエンス・ファンタジー漫画です。
2017年3月12日から2018年4月15日に渡って1年以上連載をしていた作品です。

一部2週間に1度番外編が入ったりすることもあったので、
実質本編は隔週で更新されることもありましたが、
それでもコメント欄では次の話が楽しみで仕方がないといった書き込みが多く見られる人気作でした。

終極エンゲージ第2巻
出典:https://www.amazon.co.jp

本作は『ジャンプSQ.CROWN 2016 SPRING』で掲載された
読み切り作品『ハトシェプスト』の基本設定を引き継いで連載に至った作品です。
元は原作者の友人の小説家架神恭介が主催する
ダンゲロスの集まりの中で発案したアイデアのひとつが根幹になっているそうです。

原作は江藤俊司先生、作画は三輪ヨシユキ先生

終極エンゲージ第3巻
出典:https://www.amazon.co.jp

『終極エンゲージ』は原作と作画が分かれている2人3脚の作品です。
原作の江藤先生は漫画家ではありますが、どちらかというとストーリーや原作を担当することが多く、
三輪ヨシユキ先生は漫画を担当することが多い先生のようです。
この2人は専門学校時代の友人だったそうです。

コミックスは全5巻

終極エンゲージ第4巻
出典:https://www.amazon.co.jp

コミックスは全部で5巻出ており、一気読みをするには手頃な冊数です。
既に全巻販売されており、3巻の帯コメントは、
『幽遊白書』やHUNTERXHUNTER』でおなじみの冨樫義博先生が書いています。

【少年ジャンプ+】終極エンゲージのあらすじをご紹介!

それではここで『終極エンゲージ』の冒頭5話ぐらいのあらすじをご紹介します。
ネタバレも多々含みますので、これからお読みになる予定がある方はご注意ください。

宇宙を1つの王族が統べる時代

先王とお妃候補の対峙
出典:終極エンゲージ

地球が宇宙の中心になっている超未来。
宇宙全体を支配するのは『宇宙の卵』という絶対的な力を受け継ぐ地球王家のち筋でした。
『宇宙の卵』というのは絶対防御の力。
何人も『宇宙の卵』の力を受け継ぐ王家に傷一つつけられないのです。

王家には古い決まりがありました。
地球王家の嫡子が16歳になった時、お妃様が選出されます。
そのお妃様の選出方法は至極単純。
各惑星の代表者が純然たる戦闘トーナメントを行い、
その優勝者が次の地球王のお妃様になるのです。

女王の決め方は至極シンプル
出典:終極エンゲージ

そのトーナメントは何でもありの戦闘トーナメント。
最悪の場合命を落とすこともあります。
しかし地球王のお妃様の出身の惑星には以降30年間絶大な権利が約束されます。
それを目当てに各惑星は最強の女戦士を育てることに躍起になっているのでした。

そして本作の主人公第14代王位継承者クリシュナ・ユガ(クリス)もまた、
闘いの渦へと巻き込まれていくのでした。

自分の花嫁は自分しかない!

花嫁はこの手で作り出す
出典:終極エンゲージ

クリスが15歳になり、女王決定戦まで1年を切ったある日。
先代の国王、ルス・ユガから前回の大会の様子を聞かされていた。
クリスの父と母、現国王と女王の関係をクリスは大変嫌悪していました。
愛がない結婚、というのもそうでしたが結婚した女王の言いなりになる父に失望感のようなものを抱いていたのです。

クリスは自分は父と違う。
自分はそんな何も知らない未来の花嫁には期待も何もしていない。
そんなクリスは自らの手で花嫁候補を造り出し大会に出場させることにしたのです。
自らの血を分けたクローン人間、地球代表花嫁候補、カルキを。

計算外!花嫁の夢はクリスを殺すこと!?

無垢な瞳で犯罪を犯すクリス
出典:終極エンゲージ

クリスは幼い頃からの親友のミムラと共に、長年クローン人間の培養をしてきました。
もちろん王族のクローンを作ることは犯罪なのでミムラは断ろうとしましたが、
純真無垢な好奇心の塊であるクリスの前では無理でした。

クリスは実母であるディアナ王妃が警戒するほどにクリスの好奇心は危険だった。
知りたい、気になるという好奇心をクリスは自分で抑えることができず正直なのです。
幼い頃に『宇宙の卵』を持つ王族同士が戦ったらどうなるか知りたいというだけで、
ディアナに大剣で切りかかったことがあるくらいです。

いよいよ花嫁とご対面
出典:終極エンゲージ

カルキの成長が十分だと判断したクリスとミムラはカルキをポッドから出し、
いよいよ女王決定戦に出場させるための準備を始めることにしました。
しかし、ポッドから飛び出したカルキはいきなりクリスに襲いかかったのです。
理由を尋ねるとキョトンとした表情でこう言います。

『本当に私の攻撃が効かないかどうしても試したかったから・・・?』

さすが自分のクローンだとクリスは喜びました。
しかしここで思いがけないことが起こります。
カルキは花嫁になるどころか、優勝した暁には生みの親であり伴侶になるクリスを殺すことを宣言するのです。

お前と僕は同じだ
出典:終極エンゲージ

クリスはカルキが当然のように自分を愛するだろうと思っていたため、
カルキに『自分と結婚する』という1番大事な目的を設定するのを忘れていたのです。
そんな最大限の誤算を抱えたままでは危険だと判断したミムラは、
カルキを処分することを提案しますがクリスは断ります。

婚約指輪を取りに行こう
出典:終極エンゲージ

女王決定戦まであと1年。
クリスはその1年でカルキに自分を愛させるようにできるか実験をすることにしたのです。
ミムラはもちろん反対しますが、口に出したことは全て本気。
クリスはカルキを女王決定戦に必要な婚約指輪(エンゲージリング)を取りに、
そして自分を愛させるためのミムラも連れて旅に出るのでした。

【少年ジャンプ+】終極エンゲージの登場人物!

それではここで主要登場人物をご紹介します。

クリシュナ・ユガ

クリシュナ・ユガ
出典:終極エンゲージ

第14代地球王王位継承者クリシュナ・ユガ、通称クリス。15歳。
16歳になると始まる地球王決定戦に自分のクローンであるカルキを出場させて結婚しようとする。
天才的な頭脳の持ち主で、自分の好奇心を我慢することができない

ナルシスト発言のクリス
出典:終極エンゲージ

ものすごくナルシストで、カルキを作る過程で重大なミスをする。
もう一度言うが、ものすごいナルシスト

カルキ

カルキ
出典:終極エンゲージ

クリスが造り出したクローン人間、カルキ。地球王族のクリスのクローン
誕生までにクリス特性のAIにより英才教育を受けとてつもなく強い花嫁候補として生まれてくるが、
クリスの設定ミスにより、自分で考えた結果最終的にクリスを殺すことを目的としてしまう
クリスと同様自分の好奇心を我慢できない部分がある。

ミムラ・クラーリオ

ミムラ・クラーリオ
出典:終極エンゲージ

クリスの友人、ミムラ。苗字みたいな名前だけどミムラ。
クリスが認める頭脳の持ち主で親友
本来なら犯罪にあたるクリスのクローン製作に関わり、クリス、カルキとともに旅に出る。
クリスのとめどない好奇心に昔から苦労させられている。

【少年ジャンプ+】終極エンゲージのレビューをご紹介!

それではTwitterで『終極エンゲージ』の感想をご紹介します。

コミックス5冊にアクション、SF、ラブロマンスと様々な要素が詰め込まれています!
ものすごく濃厚な内容になっておりますので、コミックス大人買い推奨です。

今回の無料開放に喜びの声を上げる声も多々あります。

無料開放された漫画は話題にもなりやすく、
この機会に沼にはまる読者の方もたくさんいます!

少年ジャンプ+でこのように漫画が無料開放される時は、
大体作者に新しい動きがあることが多いです。
今回のこの無料開放を受け、江藤俊司先生や三輪ヨシユキ先生の新連載に期待する声もあります。

【少年ジャンプ+】終極エンゲージについてまとめ

終極エンゲージ第5巻
出典:https://www.amazon.co.jp

いかがでしたか?
今回は期間限定で『少年ジャンプ+』で無料開放されたで連載していた『終極エンゲージ』の
あらすじや感想をご紹介しました。
コミックスも5冊と多すぎない冊数ですので、この機会にご興味を持たれた方はぜひ読んでみてください♪

👉その他の漫画のご紹介一覧はこちら

【趣味】私が今まで読んで面白いと感じた漫画を100個さらして同じものが好きな仲間を探すこんにちは、ゆーじん(@yuzunosoukutsu)です🍊 私は漫画大好きです。 小学校低学年から既に少年ジャンプを毎週購読し...